ルートナビ

トップページ伝承の讃岐うどん製法イケメンのたしなみ > 麺機選び8つの鉄則


ここからメインコンテンツ

うどん・そば・ラーメン・パスタの麺づくり必勝法極めるなら…

イケメンのたしなみ 麺機選び8つの鉄則

さぬき麺機は、どこが違うのか、どこにその競争力があるのか……麺づくりのパイオニアとして、有名冷凍うどんや全国チェーンFCうどん店など、導入実績でも抜きん出たさぬき麺機の特長、堅実経営を支える「麺機選び8つの鉄則」を公開します。

麺店5000店、麺業2000社。何を見て、麺機を選んだのか、その理由を徹底分析。

全てが独自の機構‥手打ち職人代用機としての役割を果たします。

鉄則1 手ごね工程

ゆっくりまぜる。鍛える。

手ごねの原理そのままに、ゆっくり粉と水をまぜ合わせ、鍛え(もみ)行程も同時進行。
ネリ上がりの生地はしっかり鍛えられ、もみ込まれることが鉄則。
超低速で熱も持たず本場さぬきでも抜群の実績。手ごねの重労働から解放されます。腰の強さで人気の手延べ素麺もこのネリ機が使用されます。
●主な用途/手打ちうどん・そば・手延そうめん

ニーダー式

鉄則2 足踏み・だんご工程

回転、包み込み、もみ、ダンゴまで。

生地を回転させながら、4本の凹凸ロールで包み込み、プレス、もみ行程、そしてダンゴづくりまでが一行程でできること。足踏みは自分の体重を利用するだけなので誰でも出来ますが、この団子作りは大変技術を要しうどんの品質に大きく影響します。素人でも簡単に団子が作れ楽々軽作業。
●1台2役の高性能機を、選べ!

ローリングプレス式

鉄則3 ねかし工程

細かな温度を設定して、熟成させる。

この機能がセットされているのは、さぬき麺機だけ。100食分が収納できます。5℃~35℃まで温度設定可能。
●おいしいうどんづくりの絶対条件

熟成庫内臓(オプション)

鉄則4 鍛え工程

しっかりと、荒延しせよ。

「手打ちの本場・讃岐」で行われていた「足踏み行程」のように、もみ・ひねりが加わることが必要。機械ではスプリング作用で、足踏みと同じ鍛え・荒延しができること。ここが大きなポイントとなる。この凹凸ロールが製麺機械のキメ手です。
●*さぬき麺機「凹凸ロール」は、手打麺製法特許を取得している。

凹凸ロール(スプリング式)

鉄則5 手打ち工程

麺を締めずに、無理なく延ばす。

7段階の仕上げで、無理なく延ばせる機械であること。樹脂ロールならば、麺は締まらないことが研究で明かになっている。麺棒での麺打ち作業を完全省力化しました。
●ソフトで粘りのある優れた食感

仕上げロール

鉄則6 麺切り工程

引いて切る包丁切り。麺にエッジを効かす。

板前が刺身を切るように、スライドしてカッティングできるかどうかが、食感の良い、エッジ(角)が立った麺ができるかどうか。この違いが、麺の善し悪しの差となることが多い。
●機械音も静かで、包丁刃の寿命も長い。

スライドカッター方式

鉄則7

安全性

使う人の安全性が守られているかどうか。忙しい時には、つい事故が起こりやすい。PL法に適合しているかどうかも、重要なポイントとなります。

鉄則8

電気代・容量

導入した後のランニング費用も要検討。特に、電気代は、さぬき麺機の場合、他社の1/3。545W・100Vと家庭用コンセントでOK。

このページのトップへ



イケメン100文字ニュース

独立開業説明会スケジュール

お問い合わせ・資料請求・研修申し込み Tel:0120-21-3300

ホームページからのお問い合せ

うどん・そば・ラーメン老化しない
試食サンプル 全国無料進呈中!

うどん・そば・ラーメン老化しない試食サンプル全国無料進呈中!

だんご作り

さぬき黄金うどん研究会

さぬきうどんの総本山