製麺機情報

トップ > 製麺機情報

うどん・ロボ 讃岐職人

うどん・ロボ 讃岐職人

創業100周年記念開発機

世界初!最新鋭の技術を結集

最高品質の象徴である「手打ち技術」

さぬきの製麺機は、その伝承の“讃岐(手打ち)うどん製法”を忠実に再現しています。さらに、店舗用小型機から製麺工場用量産システムまでその優れた性能と実績は、今では世界に伸びています。特に注目頂きたいのは『麺の品質』です。さぬき麺機は、最高品質の麺製品を作り出す為の独自の技術開発力と製麺技術を合わせ持ち、製麺機械と製麺技術及びノウハウでは“トップブランド”として常に日本の麺業界をリードしています。

待望の本格手打ち技術

  手打麺製造機(うどん・ラーメン・パスタ・そば可) ラーメン製造機(うどん・パスタ・そばも可)
100~300食(時間当り)

店舗用小型製麺機

さぬきM-305AP-6型

さぬきM-305AP-6型

ニーダー・プレス・製麺機(包丁切り)をセット。手打ち職人の技術を忠実に再現。本場讃岐はもとより、全国に実績多大。手打ち麺の製法特許を始め数々の特許を生んだ「専門店」必須のコンパクト製麺機です。全くの素人でも簡単操作。品質では確実に他店に勝ります。
製麺機能力:300食/時間

更科AP-6型

更科AP-6型

ニーダー・プレス・製麺機(包丁切り)をセット。完璧な水回しとくくりまで、10割そばも可能で、引き切り(刺身を切る原理)機構の包丁切りで切り口も鋭利に。手打ちそば店専門店でその役割を確実に果たしています。
製麺機能力:200食/時間

さぬきM-808AP-6型

さぬきM-808AP-6型

ニーダー・プレス・製麺機(包丁切り)をセット。コンパクトタイプでは最も小型の製麺機。手打ち職人の代役を見事に果たし、狭い店舗で活躍。(さぬき一番の姉妹機)
製麺機能力:200食/時間
麺線整列装置付!

店舗用小型製麺機

せとTS-1P型

せとTS-1P型

全国のラーメン店での実績多大。特に製麺性が良く、非常に簡単に製麺できます。小型の製麺機としての能力も時間当たり150~250食と高性能。ラーメンの製法は使用小麦粉や添加物によりどのような品質にも仕上がります。そのノウハウや製麺技術指導なども日本の麺業界に於いて高い評価を頂いています。

麺作Q-1型

麺作Q-1型

2010年新登場の3kg用ミキサーがセットされた小型製麺機。特に製麺性が良く、非常に簡単に製麺できます。小型の製麺機としての能力も時間当たり50~150食の性能。ラーメンの製法は使用小麦粉や添加物によりどのような品質にも仕上がります。せとTS-1P型の小型仕様です。

小型から量産型のラーメン製造機は、目的に応じて設計します。しかも、特に品質を重視した機構と製麺ノウハウを駆使し、最適な設備をご提案申しあげます。

500~700食(時間当り)

全自動小型製麺機

うどん・ロボ 讃岐職人

うどん・ロボ 讃岐職人

麺生地をセットするだけ。あとは足踏み・手打ち・包丁切りまで全自動。全ての製麺工程が一目瞭然。包丁切りされた麺が目の前に仕上がってくる風景は客に感動を与えます。コンパクトでタッチパネルによる簡単操作。誰が製麺しても品質は同じで経験不要。最高に美味しい麺が全自動で出来上がる世界初のロボット製麺機です。うどん以外、そば・ラーメン・パスタも可能(但しオプションです)

省力設備

図面:せとTS-2型・3型

500食~700食/時間(せとTS-2型)、1,000食~1,500食/時間(せとTS-3型)

3~10店舗のセントラルキッチンに最適設備

1,500食(時間当り)

全自動中型製麺機

こんぴらシステムNO-1

こんぴらシステムNO-1

科学技術庁長官賞受賞!
全国に1,000台を超す実績は日本で唯一。本格手打ち麺の全自動機として、全国の製麺工場やチェーン店の多店化で活躍中。手打ちうどん・そば・ラーメン、そして冷凍めん等品質の良さはしっかり認知されています。

全自動設備

図面:せとTS-4型

2,000食~3,000食/時間(せとTS-4型)

半自動ラーメン製造機
こだわりの量産機!
ネリ・熟成・製麺仕上げ・・・納得の品質に仕上がります

図面:せとTS-5型

4,000食~15,000食/時間(せとTS-5型)

全自動ラーメン製造機
抜群の省力化で全自動製麺を実現!
優れた品質・優れた操作性・・・
高性能を発揮します

全自動ロール式製麺機

全自動ロール式製麺機

全自動ロール式製麺機

ラーメンチェーンの本部や製麺工場に於いて、省力化と量産化に貢献。抜群の品質で、しかも麺の種類は多彩です。あなたの目的に合う、独自の特注機を製作します。

3,000食(時間当り)

全自動中型製麺機

こんぴらシステム麺聖3000

こんぴらシステム麺聖3000

こんぴらシステムNO-1の姉妹機で能力2倍。タテヨコ・タテヨコ延ばしで仕上げは包丁切り。特に品質重視の専門店や製麺工場で、時間3,000食(約10袋)の能力と抜群の性能で多くの麺事業者を成功に導いています。

6,000~15,000食(時間当り)

量産型!手打ち式・全自動製麺機

特許!発明奨励賞受賞!

特許!発明奨励賞受賞!

日本で唯一!加水率55%までの全自動製麺が可能。
W(2工程)熟成を組み込んだ、全自動製麺システムで、すでに全国の製麺設備の革新と品質での差別化を実現。最高品質で量産可!21世紀は「粘力システム」で勝負!

  手打麺製造機(うどん・ラーメン・パスタ・そば可) ラーメン製造機(うどん・パスタ・そばも可)

真空ミキサーの魅力さぬき麺機の技術の粋を集結した、全自動多加水(手打ち式)製麺システム

Wエージングシステム、全自動“包丁切り”製麺設備

各種うどん

1日1袋(300食)からでも生産してみませんか?品質には絶対の自信!本物の品質・差別化・高価格製品

全自動製麺システム

“最高に美味しい!どこにも負けない!”コシと粘りのある「讃岐うどん」を作るには、4つの条件が必要です。

その1 ネリ機がニーダーであること。

その2 団子作り機能があること。

その3 凸凹ロールがあること。

その4 包丁切りがスライドカッター方式であること。

全自動ねじり巻き麺生地形成装置 粘力システム

古来より、麺はネリで決まる!とも言われています。
麺が命!麺で勝負!一社に1ラインはさぬきの製麺機を!品質強化・経営力強化

製麺設備実績

製麺機の役割

この度は「さぬきの製麺機械」のページをご覧頂き誠に有難うございました。
弊社は1910年創業以来104年目となり、日本の麺業界の「多加水化(手打ち式製法)」という品質革命に携わり「讃岐うどんの近代史」を築くなど、麺業界と共に歩み麺類専門店の歴史や製麺工場の推移など、恐らく日本ではこれだけの麺業界の変化をつぶさに観察し体験した会社は少ないと思います。

弊社製麺機は1965年に「讃岐うどんの足踏み代用機」として誕生し、店舗用小型機から量産設備迄、そして“最高品質の象徴”でもある『手打ち技術を忠実に再現する事』開発の原点に据え、最高品質の麺を目指して開発に取り組んで参りました。

それだけに従来の他社製麺機とはその機構も機能も全く違います。
単に生産量を満たすものでは無く、確実に差別化の出来る品質の伴う製麺機である事を責務として取り組んでいます。うどん・ラーメン・蕎麦・パスタ等『ひとくちで感動する麺』をテーマとして“さぬきの製麺機”はさらに進歩を続けています。

独自の機構・・・≪真空プレスニ―ダ―・粘力システム・タテヨコ圧延方式・包丁切りなど≫ その技術と製麺ノウハウは世界各国から求められ、現在では海外への実績も大きく伸びています。 とにかく日本の製麺技術は大きく進化しています。 さぬき麺機は、その進化した最新の製麺技術を駆使した製麺機と製麺ノウハウでさらなる貢献を果たしていきたいと願っています。

その進化した製麺技術や製法・ノウハウ等をご確認頂く為、四国の本社に『試作設備を完備』しました。 材料の持ち込みも自由です。とにかく一度試作の上、実際に試食もして頂き『品質』をご確認下さい。 そして御社の目的を果たす機能をご確認ください。 御社のますますのご発展をご祈念申し上げます。
さぬき麺機株式会社 代表取締役 岡原雄二

  • 製麺機うどん
  • 製麺機ラーメン
  • 製麺機パスタ
  • 製麺機そば
  • 中・大型機
  • 特許の紹介
  • 無料相談会開催中
  • 2日間講習会/5日間研修会
  • 麺類店の心臓部「製麺機」比較
  • 先輩生Voice
  • 公開質問